アレルギー対策で有効なキャットフードを知ろう

近年アレルギーを発症する猫が増えています。原因は、食事によるもの、ノミ取り首輪の薬品やその素材によるもの、ハウスダストなどを吸引することによるもの、などがあります。今回は、食事によって起きる食事過敏症について詳しく知りましょう。
猫の食事過敏症では、顔や首に皮膚炎の症状が現れることが多いです。首輪などが原因である可能性を排除するため、首輪は外したほうがいいでしょう。アレルギーの原因になっているアレルゲンを見極めるのは獣医さんでもなかなか難しいようです。可能性を一つずつ排除して特定していく必要があります。また一旦、特定のアレルゲンに対して過敏症を起こしてしまうと、基本的に完治することはないと思ったほうがいいでしょう。
普段食べている食事が原因になっている可能性が高いわけですから、原材料をよく調べましょう。ではどのような原材料に注意すべきでしょうか。
発症の大きな原因の一つは、穀類です。キャットフードの種類によってはトウモロコシや小麦などの穀類を多く使用しているものもあります。穀類を使用していないグレインフリーのキャットフードを選んでみることをおすすめします。
また、使用している肉の種類に反応している可能性があります。猫は肉食ではありますが、牛肉や豚・鳥などの肉にもアレルギー反応が起こることがあります。これらの材料が使われているキャットフードで症状が出てしまったら、魚やラムなど今まで上げていなかった肉を使ったフードをあげて見ましょう。しばらく食べさせていると、また抗体ができて発症する場合もありますので、様子を見ながら変えてみることも大事でしょう。
さらに添加物にも注意を払いましょう。人工着色料や酸化防止剤などが入っているものは避け、無添加のものを選ぶといいでしょう。
シンプルな原料のフードのほうがアレルゲンの特定がしやすくなります。飼い主の小まめな配慮で愛猫を守りましょう。
キャットフード徹底比較リサーチ│口コミ人気おすすめランキングはこちら

Comments are closed.