血管年齢が高いとどうなるのか

加齢とともに体力を始めとした様々な能力も低下していきますが、体の中の血管についても年齢がつけられるようになりました。血管年齢という言葉を一度ぐらいは目にしたことがあると思いますが、これは血管の弾力やしなやかさを年齢という見た目に分かりやすい数値にしてしめしたものです。

この数値が高いとどうなるのかということですが、それはすなわち血管に弾力がなくなって老化が進んで段々と硬くなっていく事を示しています。血管が硬くなると動脈硬化などにもなりやすくなり、ひいては他の病気に発症するリスクも高まります。健康に若々しく過ごしたいと思うのであれば、自分の血管年齢が幾つなのかは知っておいても損はありません。

実年齢と変わらないようであれば年相応ということでまだ安心できますが、もしも高かった場合には自分の生活習慣を見直して改善するようにしていくほうがいいでしょう。食事も脂っこいものは控えて野菜などの量を増やし、インスタント食品や甘いものの量を減らすのも大切です。タバコやアルコールなどの嗜好品に関しても、極力減らす方が自分の体には良いと言えるでしょう。

血管の年齢が高いというだけですぐに病気に直結すると言うわけではありませんが、その状態が長く続けば病気にかかりやすいかrだの状態になるであろうことは誰でも予想がつきます。少しでも自分や家族の健康を脅かすリスクを減らすためには血管も若々しい状態を保つ事がとても大切です。

Comments are closed.